Skip to content

LaTeXで表のセル内改行はtabularx環境を使うと楽

2014年11月29日

LaTeXで表を表現するtabular環境では、新しい行の表現に”\\”を利用しているため、セル内改行ができない。サイトによってはstortstackマクロや、tabular環境のオプションでp{}を指定する方法を紹介しているが、tabularx環境を利用すると、幅をうまいこと調整し改行を入れてくれる。
tabularx環境のオプションについて、幅を調整する列に、Xを指定する。

プリアンブル部に\usepackage{tabularx}を記述する必要がある。

\documentclass[10pt]{article}
\usepackage{tabularx}

\begin{document}
\begin{table}[tbp]
\centering
\caption{Fox and Dog}
\label{tab:dox}
\begin{tabularx}{\linewidth}{|X|X|}
The quick brown fox jumps over a lazy dog. The quick brown fox jumps over the lazy dog. &  The quick brown dog jumps over a lazy fox. \\
\end{tabularx}
\end{table}
\end{document}

doxtabularx

広告

From → LaTeX

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。