Skip to content

作業ファイルを作成できません。環境変数TEMPの設定を確認してください。

2014年11月16日

Microsoft Office 2011(Mac OSX)の実行時、${TMPDIR}の設定がおかしい、もしくは${TMPDIR}の向いているディレクトリに書き込み権限がない場合、「作業ファイルを作成できません。環境変数TEMPの設定を確認してください。」旨のエラーが出力される。

ややこしいのは、Mac OSXにおいて、一時ファイルの置き場所は環境変数${TMPDIR}であるのにもかかわらず、エラーメッセージでは”${TEMP}”と表記されていることである。

temp

また、この症状が出現している場合、Powerpointについても「新しいスライド」追加時や「レイアウト変更時」に、プレビューが表示されない症状も現れる。

outpower

Mac OSXの${TMPDIR}は、/var/folders/の下のサブディレクトリにあるが、正しく${TMPDIR}が設定されている場合、

$ cd `echo ${TMPDIR}`
$ ls -l | grep TemporaryItems

で、ファイルが存在するか、権限があるかを確認する。(test(1)でも可)行儀の悪いアプリケーションが/dev/nullにシンボリックリンクを張っている場合があるため、注意する。

ファイルが存在しない場合は、

$ mkdir `echo ${TMPDIR}`TemporaryItems

とする。

また、シェルの設定ファイルにより、${TMPDIR}が別の場所を指している場合は、その記述を削除し、ログアウトしてから操作する。

広告

From → MacOSX

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。