Skip to content

16進数でecho>fileするときは-nをつける

2014年3月23日

16進数を入力とし、そのままファイル等にリダイレクトする際、
$ echo “\x50\x4b\x03\x04”
とやってしまうと、

$ echo “\x50\x4b\x03\x04” | hexdump
0000000 50 4b 03 04 0a

となってしまう(最後に’\n(0x0a’がつく)。
この場合は、echoのオプション、-nをつける。

$ echo -n “\x50\x4b\x03\x04” | hexdump
0000000 50 4b 03 04

広告

From → 未分類

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。