Skip to content

起動が遅いFedora19

2013年9月29日

Introduction

元々はFedora17から fedupを使ってFedora19に更新したところから始まる。
caja(元Nautilus)でサムネイルが作成されても、次のリブートで消えるなどの様々な不具合があり、いろいろ面倒だったので、クリーンインストールを行う。

Fedora LiveCDだとGNOMEを標準で入れようとする。GNOME3以降がマジで嫌いなので、MATEだけを入れることにする。
http://fedoraproject.org/ja/get-fedora-options#formats から、Fedora 19 DVD 64ビット版をダウンロード&Burn。
インストール時にデスクトップ環境でMATEを選んでインストール。

マジで遅い。
まずplymouthがグラフィカルにならないし、lightdmが上がってログインしても、デスクトップが出るまで30秒以上かかる。
起動時のスプラッシュなど不要であるが、ログインマネジャは必要である。わざわざstartx(1)は打ちたくない。
しょうがないので、ログイン画面はGDMを利用することに。

引用が長いため、一度区切ります。
やっていることは、

  • ログインマネジャの変更
  • サービス停止
  • 追加のカーネルデバッグ情報出力を停止

Replace lightdm with GDM

lightdmはBuggyだという書き込みをたまに見かける。実際画面自体は軽そうであるが、パスワードを打ってログインしたあとの処理が遅い。
軽そうなログインマネジャとして次に挙がるのがSlimだが、でっかく”Login:”と表示されるのは正直カッコ悪い。
最近のマシンならGDMは十分動くだろうということで、GDMにする。

# yum install gdm

ただ、せっかくMATEを入れて軽量化を図ったにもかかわらず、依存関係がすごい。

================================================================================
Package アーキテクチャー
バージョン リポジトリー
容量
================================================================================
インストール中:
gdm x86_64 1:3.8.4-2.fc19 updates 884 k
依存性関連でのインストールをします:
accountsservice-libs x86_64 0.6.34-1.fc19 fedora 75 k
caribou x86_64 0.4.11-1.fc19 updates 147 k
caribou-gtk2-module x86_64 0.4.11-1.fc19 updates 20 k
caribou-gtk3-module x86_64 0.4.11-1.fc19 updates 20 k
clutter x86_64 1.14.4-4.fc19 updates 971 k
cogl x86_64 1.14.0-3.fc19 fedora 389 k
evolution-data-server x86_64 3.8.5-4.fc19 updates 2.8 M
gdm-libs x86_64 1:3.8.4-2.fc19 updates 13 k
gjs x86_64 1.36.1-1.fc19 fedora 151 k
gnome-bluetooth x86_64 1:3.8.1-1.fc19 fedora 78 k
gnome-keyring-pam x86_64 3.8.2-1.fc19 fedora 38 k
gnome-menus x86_64 3.8.0-2.fc19 fedora 179 k
gnome-online-accounts x86_64 3.8.3-1.fc19 updates 391 k
gnome-session x86_64 3.8.4-1.fc19 updates 427 k
gnome-settings-daemon x86_64 3.8.5-1.fc19 updates 1.1 M
gnome-shell x86_64 3.8.4-2.fc19 updates 1.2 M
js x86_64 1:1.8.5-13.fc19 fedora 2.3 M
libgdata x86_64 0.13.3-1.fc19 fedora 359 k
libgee x86_64 0.10.1-1.fc19 fedora 234 k
libgweather x86_64 3.8.2-1.fc19 fedora 3.7 M
libical x86_64 0.48-4.fc19 fedora 167 k
liboauth x86_64 0.9.7-2.fc19 fedora 22 k
libwacom x86_64 0.7.1-3.fc19 updates 26 k
libwacom-data noarch 0.7.1-3.fc19 updates 32 k
mutter x86_64 3.8.4-1.fc19 updates 1.1 M
pulseaudio-gdm-hooks x86_64 3.0-10.fc19 fedora 19 k
pulseaudio-module-bluetooth x86_64 3.0-10.fc19 fedora 75 k
pyatspi noarch 2.8.0-1.fc19 fedora 81 k
python-caribou noarch 0.4.11-1.fc19 updates 41 k
rest x86_64 0.7.90-3.fc19 fedora 60 k
sbc x86_64 1.0-3.fc19 fedora 52 k
telepathy-filesystem noarch 0.0.2-5.fc19 fedora 4.6 k
telepathy-glib x86_64 0.20.4-1.fc19 updates 697 k
telepathy-logger x86_64 0.8.0-2.fc19 fedora 97 k

トランザクションの要約
================================================================================
インストール 1 パッケージ (+34 個の依存関係のパッケージ)

総ダウンロード容量: 18 M
インストール容量: 147 M

gdmとlightdmはsystemctlでenable/disableを切り替えることができる。/etc/rc.dではない。

# systemctl disable lightdm
# systemctl enable gdm.service

システム>設定>自動起動するアプリ でオートスタートするアプリケーションを減らしておくのも得策であろう。
もっとも、Xを上げなければどのマシンでも軽いんだけど…

Disable Daemons

なんでもかんでもenableになっているのは好ましくないので、daemonをいくつか止める。

# systemctl disable avahi-daemon sendmail sshd auditd bluetooth iscsi.service iscsid.service irda.service cups.service cups.socket sm-client.service chronyd

当然、何も調べずに止めてはならない。

  • ZeroConfは使わないため、avahiは不要。
  • リモートログインされると困るのでsshdは停止、
  • 強力なログ管理等はしないため、auditdは停止、
  • bluetooth端末がないため、bluetoothdは停止、
  • iSCSIデバイスは無いため、iscsi関係は停止、
  • 赤外線デバイスもないため、irdaは停止、
  • 印刷しないため、cupsも停止、
  • 時計合わせは手動でntpdate(8)を叩くため、不要。
  • Sendmailとsm-clientはメール転送をしない上に、起動が遅いため停止。

Sendmailとsm-clientが遅いのはFQDNでドメインを記述していないのが原因というものがあるが、どちらにしろメール関係がめんどくさそうなので止める。事実、

# systemd-analyze blame

では、

1min 9.164s sm-client.service
1min 352ms sendmail.service
8.574s udisks2.service
7.523s NetworkManager.service
7.375s chronyd.service
7.286s accounts-daemon.service
7.174s rtkit-daemon.service
7.132s lightdm.service
6.686s systemd-tmpfiles-clean.service
3.747s media-DATA.mount
3.473s lvm2-monitor.service
3.228s iptables.service
3.218s systemd-udev-settle.service
3.065s systemd-tmpfiles-setup-dev.service
2.168s systemd-fsck-root.service
1.848s plymouth-start.service
1.781s fedora-loadmodules.service
1.596s dmraid-activation.service
1.398s dev-hugepages.mount
1.397s dev-mqueue.mount
1.394s sys-kernel-debug.mount
1.307s systemd-fsck@dev-disk-by\x2duuid-63dd56b3\x2d7afb\x2d42ea\x2dbbd0\x2dd8b52d4743f6.service
1.307s systemd-udev-trigger.service
1.275s systemd-fsck@dev-disk-by\x2duuid-3f87051f\x2d1c18\x2d410f\x2d8f32\x2d8155dc30959d.service
1.273s tmp.mount
1.058s home.mount
991ms lm_sensors.service
987ms boot.mount
699ms boot-efi.mount
667ms dev-disk-by\x2duuid-b51f2a47\x2ddfc8\x2d4593\x2da25b\x2d469f4486c6b0.swap
616ms systemd-sysctl.service
567ms systemd-logind.service
402ms systemd-tmpfiles-setup.service
378ms systemd-readahead-replay.service
375ms sys-kernel-config.mount
237ms plymouth-read-write.service
226ms fedora-readonly.service
221ms console-kit-log-system-start.service
200ms systemd-user-sessions.service
154ms systemd-readahead-collect.service
150ms mcelog.service
131ms systemd-update-utmp-runlevel.service
85ms systemd-remount-fs.service
33ms polkit.service
32ms systemd-udevd.service
28ms systemd-random-seed-load.service
27ms systemd-readahead-done.service
23ms plymouth-quit-wait.service
23ms plymouth-quit.service
20ms systemd-vconsole-setup.service
18ms rpcbind.service
12ms console-kit-daemon.service
9ms NetworkManager-dispatcher.service
8ms lvm2-lvmetad.service
6ms systemd-journal-flush.service
6ms upower.service
5ms wpa_supplicant.service
1ms media-RAMDISK.mount

と、見事に群を抜いて遅い。
firewalldも遅いとの書き込みも見かけるが、この記事を書く前にiptablesに移行していたため、手を付けない。

Stop Output more Kernel Information

実際の効果は不明。
Fedora19ではデバッグ情報が大量に出力されるため、それらを止める。
Ref:http://jaisejames.wordpress.com/2013/05/14/slove-fedora-19-is-slow/

# vi /etc/default/grub

変更(カーネルラインに “slub_debug=0″を追記)

GRUB_CMDLINE_LINUX=”rd.md=0 rd.lvm=0 rd.dm=0 vconsole.keymap=jp106 $([ -x /usr/sbin/rhcrashkernel-param ] && /usr/sbin/rhcrashkernel-param || :) rd.luks=0 vconsole.font=latarcyrheb-sun16 rhgb quiet slub_debug=0

GRUB設定アップデート

# grub2-mkconfig -o /boot/efi/EFI/fedora/grub.cfg

広告

From → Linux

One Comment
  1. Like the Apple and Google funs. でリブログ& コメント:
    これがあるからFedora派生のディストリビュージョンを使う人多いんでしょうね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。